俳文学会東京研究例会
例会プログラム
◆「年間スケジュール」はここをクリック!◆ 【カレンダー表示】

第446回
2018年12月22日(土)14:30〜17:00
聖心女子大学1号館204教室
第30回テーマ研究  「歴史史料と連歌・俳諧」  
                                 司会 深沢 眞二 氏

●講演  多胡碑の江戸時代〜『上毛多胡郡碑帖』と『俳諧多胡碑集』   和田 健一 氏   
                  
【要旨】
 昨年10月にユネスコ「世界の記憶」に登録された上野三碑(こうづけさんぴ)は、飛鳥〜奈良時代の重要な石碑群として江戸時代から知られていた。そのうち多胡碑は、わが国唯一の建郡記念碑として青木昆陽・伊能忠敬などの知識人が、書物に記し、また碑を訪れている。その転機となったのが、江戸の書家沢田東江『上毛多胡郡碑帖』(宝暦7年/共著)と、加賀の俳人高桑闌更『俳諧多胡碑集』(安永3年)の出版である。本発表では、東江・闌更と地方文人・俳人との交流を通して、古代の石碑を題材とした両書の文化史的意義を考える。


●講演  菟玖波集前後—後光厳天皇と二条良基      慶應義塾大学教授 小川 剛生 氏

【要旨】
 菟玖波集は後光厳天皇の延文二年(一三五七)に成立し、綸旨によって閏七月に勅撰和歌集に准じられた。
これは連歌の地位向上を企てた二条良基が武家の圧力を借りて実現した、というのが通説であるが、この点、新たな史料をもとに考え直す。
 ここで多数遺されている後光厳天皇の宸翰が活用できる。当時の書札礼等を踏まえて差出人・年代を特定することで、後光厳と良基との関係が新たに浮かび上がる。菟玖波集の成立事情を再考するとともに、当時の歌壇・連歌界の動向に及びたい。

445回
2018年11月17日(土)10:00〜16:00
文学散歩(鶯谷・浅草寺)
平成30年度俳文学会東京研究例会「鶯谷・浅草寺文学散歩」

1、実施日    平成30年11月17日(土) ※雨天決行

2、集 合     @[午前の部]午前10時、JR鶯谷駅北口改札口集合
          A[午後の部]午後2時、浅草寺雷門前集合
            ※途中参加・途中退場可
            ※担当者運営委員 安保博史氏(連絡先は案内ハガキに記載)
   
3、主な行程  
[午前の部]
@鶯谷駅北口10:00集合→A豆腐料理「笹の雪」(子規句碑見学)10:10〜10:15→B子規庵(見学、入庵料500円、10:30開館)10:20〜11:00→C小野照崎神社(見学、小野篁・菅原道真を祀る)11:15〜11:30→D池波正太郎記念文庫(見学、入館料無料、企画展「池波作品の舞台は今!鬼平犯科帳」)11:45〜12:10→E日比谷線入谷駅1番12:27発→地下鉄移動(2分)→F日比谷線上野駅12:29着→乗り換え→G銀座線上野駅12:38発→H銀座線浅草駅12:43着→I昼食休憩(自由時間、12:50〜13:50)

[午後の部]
@浅草寺雷門前14:00集合→A浅草寺散策(句碑・塚碑など見学)14:00〜16:00→B浅草寺雷門前16:00解散 ※解散後、浅草寺周辺の居酒屋にて打ち上げ(有志)

【浅草寺関係順路】
浅草寺雷門(風神雷神像)→仲見世通り→宝蔵門(大わらじ)→宝蔵門右奥の弁天山(芭蕉「花の雲  鐘は上野か浅草か」)、同左側浅草寺総本坊伝法院→浅草寺境内散策(被官稲荷・九代目団十郎銅像・西仏岩子象・算子塚など)→山東京伝机塚(山東京伝の机を埋めた机塚)・三匠句碑(宗因「ながむとて花にもいたし頚の骨」、芭蕉「花の雲鐘は上野か浅草か」、其角「ゆく水や何にとどまるのりの味」)、扇塚・都々逸塚・添田唖蝉坊塚・粧太夫歌碑・久保田万太郎句碑・中村吉右衛門句碑・二代目市川猿之助句碑・市川團十郎「暫」像など
    ※浅草寺から徒歩20分、曹洞宗出山寺に其角句碑がある。
    ※浅草寺の山東京伝机塚の碑は必見です。老い朽ちたわが身を、使い古びた机に重ね合わせ
     て、自己の人生を感慨深く顧みる「書案之紀」を読むと、身に沁みて共感されるものがあ
     ります。

444回
2018年9月15日(土)14:30〜17:00
江東区芭蕉記念館
●研究発表
子規句における「ほととぎす」のイメージについて /王 笑宇 氏

【要 旨】
 本発表は、正岡子規の俳句における「ほととぎす」のイメージについ考察するものである。周知のように、子規は喀血した自分のことを「子規」に喩えた。しかしながら、これは彼が提唱した「写生」の理念とは矛盾しているのではないかと考える。子規の「ほととぎす」についての句を検討したら、「ほととぎす」という鳥を観察しながら作句する可能性が低い。そこで、本発表では、子規がいかに「ほととぎす」に新しい意味合いを付与したのかを考察することとする。日中古典文学のイメージとは違って、子規は近代人としての自我を「ほととぎす」に託して句を作ったのが俳句革新運動の一つの特徴になるのではないかと考える。

●研究発表
 芭蕉は西行をどのように受容したか /村上 智子 氏

【要 旨】
 芭蕉は西行をどのように受容したかを知りたい、というのが修士論文にとりかかる際の動機であった。そこで芭蕉が生きていた時代の、刊記が明らかな西行関連書物を広く調査し、『撰集抄』『山家集』その他を通じて、芭蕉が心の濁りを澄ませてゆく過程を追跡した。芭蕉の西行受容が読書によるのか、口伝によるのかは永遠の謎であろうが、本発表では、少なくとも近世初期から芭蕉生涯の前半期には、西行の主たる著作が刊行され、芭蕉が実際に手にとることは可能であったことを追認し、今後の西行受容研究の基礎としたい。

●研究発表
同志のつながり―与謝蕪村「小鼎煎茶」画賛を読む /山形 彩美 氏

【要 旨】
 『蕪村全集』6巻(講談社 1998年)の「俳画」15に掲載される「小鼎煎茶」画賛(俳句文学館蔵 一幅)は、明和7年(1770)〜安永6年(1777)の制作とされる。画には、岩の上に座す高士(老爺と壮夫)に向き合い茶を煎じる童子が描かれ、画面右端に李商隠の漢詩と、其角・芭蕉・嵐雪・蕪村の発句が一句ずつ書きつけてある。
本発表では、画と賛(漢詩・発句)を読み、本図に同志のつながりが表現されていることを述べる。具体的には、煎茶を含め、蕪村ら江戸時代の文人が関心を抱いていた中国文化に匹敵するものとして蕪村が其角、芭蕉、嵐雪の作品を挙げ、自らもその流れに与せんとする意思表示が読みとれる、との解釈を提示する。 

443回
2018年7月21日(土)14:30〜17:00
聖心女子大学1号館204教室
●研究発表
 連歌古注釈の叙述法ー宗牧注を中心にー / 浅井 美峰 氏 

【要 旨】
 連歌の古注釈は、連歌作者によって先達の連歌を学ぶために読まれたもので、連歌作品の単なる鑑賞のためのものではなかった。そのため、連歌以外の古注釈に見られるような秘伝的な言説が見られず、基本的に平明な分かりやすい説明が為されている。本発表では、その中でも詳細な記述が特徴とされる宗牧の百韻の注釈を中心として、連歌の古注釈の叙述、例えば注釈の中に一定の様式が見られること等から、当時の人々が連歌の付合をどのように理解し稽古していたのかを考えていきたい。

●研究発表
 享保江戸座俳諧と新名所ー菊岡沾凉の活動を例としてー / 真島 望 氏

【要 旨】
 新興都市である江戸には、古来の歌枕が乏しい反面、江戸時代以降生成された新しい名所が多いのが特色と言える。その傾向が明確にあらわれたのが、露沾門の菊岡沾凉による地誌『江戸砂子』(享保十七〈一七三二〉刊、続編同二十刊)であった。
 本発表では、絵俳書の絵師としても知られる全角画「武蔵国雑司谷八境」(早稲田大学図書館蔵)成立に、沾凉が深く関わることを明らかにした上で、それを一例として、享保江戸座俳諧が江戸の名所創造にいかに関わったのか、そしてそれが後世にどう影響したかについて検討し、沾凉らの行為が文化史・文学史的にいかに位置付けられるのか考察する。

第442回
2018年6月16日(土)14:00〜16:30
深川江戸資料館地下1階レクホール
●【講演】テーマ「忠臣蔵と俳諧・川柳」(江東区公開講座を兼ねます) 司会:深沢 了子氏


(1)赤穂浪士と江戸の俳人たち          稲葉 有祐氏

(2)忠臣蔵の川柳    跡見学園女子大学教授  岩田 秀行氏

441回
2018年5月19日(土)14:30〜17:00
江東区芭蕉記念館
●研究発表
 作品紹介 【四明筆紙本墨画幅】/冨田 鋼一郎 氏 

【要 旨】
 本発表では四明の落款を持つ紙本画幅を紹介する。蕪村は宝暦四年、三九歳から同七年までの丹後時代、画嚢・詩嚢を蓄え、様々な画号・印章を試みたが、その後ほとんど用いられなくなった。そこには修業時代が終わったとの意識が働いていたのかもしれない。

●研究発表
 蕪村晩年の「恋」と俳諧 / 玉城 司 氏

【要 旨】
 蕪村が「雛糸」の戯名で記した発句十を記した懐紙と月渓の極書(証画入り)を紹介する。この内、八句は従来知られていなかった句で、月渓の極めによれば、「ことにおとりたる風調をまねて」詠んだものというが、如何だろうか。また、月渓の証画をヒントに、安永九年四月二十五日付け道立宛蕪村書簡の筆蹟を再検討して、「妹が垣根さみせん草の花咲ぬ」句と「老が恋わすれんとすればしぐれかな」句について考え、蕪村晩年の俳諧について私見を述べたい。

440回
2018年4月21日(土)14:30〜17:00
江東区芭蕉記念館
●研究発表
 書簡に残る蕪村句 / 谷地 快一 氏

【要 旨】
 画人蕪村には、明和三年(1766)の京都で発句会を結成して以後、原本は不明ながら、その衆議の記録がペン書きで潁原文庫に残され、講談社版『蕪村全集』に反映されている。すなわち『夏より』(推定太祇筆)・『高徳院発句会』(推定百池筆)・『耳たむし』(百池筆)・『月並発句帖』(百池筆)などである(ただし、『夏より』『高徳院発句会』『月並発句帖』については、近年天理図書館綿屋文庫に所蔵されることが判明)。一方で、現存する四百数十点余りの蕪村書簡には、上記の句会記録に確認できない発句も少なからず存在する。本発表では、これらがどのような経緯で生まれ、晩年の自選句集でどのような扱いを受けたかを整理しつつ、蕪村の作風に及ぶ。


●輪  講
 『続の原』発句の部・第14回 / 相澤 泰司 氏 
【夏の部−13〜17番】

第439回
2017年12月16日(土)14:30〜17:00
聖心女子大学1号館204教室
第29回テーマ研究  「芭蕉真蹟集の今後−『芭蕉全図譜』25年を前に−」  
                                 司会 深沢 眞二氏

●講演  芭蕉真蹟研究史の展望                      安保 博史 氏

【要旨】
 江戸時代以来の芭蕉真蹟集成の試みを概観し、『芭蕉全図譜』(岩波書店、平成5年)所収「総説 芭蕉真蹟物の世界」、今栄蔵氏「芭蕉の関防印『山昨木』の本物と偽物」(『連歌俳諧研究』99号、平成12年)、同氏「芭蕉の真蹟とその模造品」(『山寺芭蕉記念館紀要』6号、平成13年)などの到達点を確認した上で、平成8年に発見された自筆本『奥の細道』真贋判定時の学界の対応を検証し、より精密化する近年の芭蕉真蹟研究の最前線の諸相を踏まえながら、今後の研究の方向性や課題を展望する。

●資料紹介  暁台旧蔵「芭蕉翁筆伊勢之吟」一幅               清登 典子 氏

●講演  芭蕉筆跡に対する所感−晩年を中心に−     立教大学名誉教授  加藤 定彦 氏

438回
2017年10月21日(土)14:30〜17:00
江東区芭蕉記念館
●研究発表
  文暁著『花屋日記』再考   /  眞杉 泰輝 氏

【要 旨】
 『花屋日記』は、肥後国正教寺第十世藁井文暁によって書かれた芭蕉伝記『芭蕉翁反古文(上下)』(文化八年自序)の後刷・改題本の書名である。この作品の上巻は日記体で、芭蕉の発病から葬送までを記し、そこに集まった弟子達との最後の俳遊の様子が描かれる。一方、下巻には弟子たちの書簡や遺品整理についての記述を掲載している。あたかも、芭蕉の直弟子の記した作品かのように見えるが、其角「芭蕉翁終焉記」・支考『笈日記』・路通『芭蕉翁行状記』などをもとに書かれたということからこの作品は「偽書」と断じられ、俳文学研究の俎上に上げられる機会が少なかった。何かと神格化されがちな芭蕉の終焉の様子を人間一般のそれとして描いた本作に対する評価を文暁の人生とともに再考していきたい。

●研究発表
  初期俳諧と『論語』古注・新注の関係について / 吉田 健一 氏

【要 旨】
 『論語』は日本の思想界のみならず文学にも大きな影響を及ぼしている。初期俳諧においても松永貞徳の「酒の朋遠方よりやきくの宿」(『崑山集』)をはじめ『論語』を取り込んだ句が見られる。それにとどまらず、『類舩集』などの俳諧辞書や俳論・俳文の中にも『論語』を取り入れた表現が見られる。ただ、一口に『論語』と言っても、室町から江戸初期にかけて、我が国ではその解釈に大きな変化が見られた。それは何晏の『集解』に代表される古注に依拠した読み方から朱熹の『集注』すなわち新注による読み方への転換である。初期俳諧の世界で活躍した人々は、そのどちらにも触れる機会があった。たとえば、『滑稽太平記』には「何晏集解に曰く」という記述があるし、また『俳諧蒙求』には「この人を、論語憲問十四朱子の注に・・・」と記されている。今回の研究発表においては、『論語』の読み方の転換と初期俳諧における『論語』の引用との関係を見ていきたい。

437回
2017年9月16日(土)14:30〜17:00
江東区芭蕉記念館
●研究発表
  連歌古注釈における句の評価の位置づけ−宗祇門流を中心に−  / 浅井 美峰 氏

【要 旨】
 連歌には、作者自身の自注を持つ作品や、成立とほとんど同時代に注釈が付された作品が存在する。新日本古典文学大系の『竹林抄』で、それらの「古注釈」を批判的に享受し作品理解に役立てているように、「古注釈」は作品の鑑賞に資するものである。また、古注釈の中には句の良し悪し等の評価をしている注が見られ、当時の連歌師がどのような点を重視していたかを見るのに有益である。例えば、心敬は『芝草』で「粉骨」等とその句に自身が注力したことを示し、宗祇も七賢や自身の句に評を加えた作品を多く残している。
 本発表では、宗祇門流の連歌師である宗長や宗牧の古注を中心に、そこでの句の評価がどのような意味を持ち、どのように連歌史の上に位置づけられるかを見ていきたい。


●研究発表
  松井家旧蔵文書から見る凉袋と素輪  / 紅林 健志 氏  

【要 旨】
 群馬県立文書館が現在所蔵する松井家旧蔵文書は、近世期に前橋宿の本陣八田屋を営んだ松井家に伝存した文書群である。この松井家の当主には、凉袋(建部綾足)の有力門人であった素輪がいる。松井家の凉袋関連資料は、文書館の所有となる以前、すでに本多夏彦「三日月素輪」(『上毛及上毛人』連載)および『凉袋伝の新研究』(本多夏彦著作刊行会)で紹介され、『建部綾足全集』(国書刊行会)においても一部が使用されている。しかし、それらで触れられていない資料もあるので、本発表では、松井家旧蔵文書における凉袋関係資料の概要を述べ、凉袋と素輪の交流、凉袋の活動等についていくつかの知見を述べる。
  
CGI-design